上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 7月1日より、日本に観光でやってくる中国人を受け入れる条件が、大幅に緩和されました。これにより、今後一層、裕福な中国人観光客は増え続けるでしょう。

2010年6月29日、米紙ワシントン・ポストは「中国人観光客が日本に押し寄せ、疲弊した日本経済を奮い立たせる」と題した記事を掲載した。7月2日付で環球時報が伝えた。以下はその内容。

東京の賑やかな商店街で、36歳の中国人観光客がまるでお土産用のチョコレートでも買うかのように腕時計4本、計4500ドル(約40万円)をキャッシュでポンと買っていた。上海から来たこの観光客は日本滞在中、神社・仏閣にも行かず、妻とひたすら買い物に明け暮れている。「私たちは買い物しに来たんです。観光ではありません」と話した。

日本政府観光局の統計によると、昨年の訪日中国人観光客は48万1696人で、2007年と比べ20%増加した。中国人の旺盛な購買意欲は日本の小売業者にとってまさに救世主だ。秋葉原の電器店の店員は「中国人のように羽振りの良い外国人は今まで見たことがない」と話した。北京から来た31歳の女性はデジカメを4台、6300ドル(約55万円)で買っていた。中国でも同じものは売っているが、「ニセモノかも知れないから日本で買いたい」と言った。こちらもやはり日本滞在中は買い物三昧だそうだ。

高級ブランド店が並ぶ銀座も中国人観光客の人気スポット。銀座で買い物をすることは彼らにとって自尊心を満足させるステータスになっているようだ。(翻訳・編集/NN)


 このように、中国人は日本の製品や販売に対して、信頼感が強い事が伺えます。また、日本製というものが、一種のブランドとして、彼女たちの間で確立されているようにも感じます。日本人の女性が、ヨーロッパやハワイなど海外でブランド品を買ったり、気軽に韓国やバリなどにエステに出かけたりするのと同じ感覚でしょう。(とはいってもステータスは中国人の方が何倍も上ですが)

 ここで、注目されるのは、やはり女性です。日本でも女性の方がお金を持っているといわれていますが、中国でもお財布は女性が握っているようです。そうなると、女性向けのサービスにビジネスチャンスが広がるのも理解できます。
 
 この他にも、日本は環境も、治安も、食べ物も良く、さらに大陸から近くて旅費もやすいので、益々人気がでると思います。大陸とは違い、水も食事も安心して口にできます。更に、観光地もたくさんあり、北海道から沖縄まで様々なスポーツもできます。日本には四季があるので、その分何度来ても違った楽しみが味わえる。そして、なにより接客やマナーも良く、行き届いている。
 ちなみに、日本女性は中国男性に非常にもてるそうです。最近実感しました。というのも、中国の女性は、損得勘定がはっきりしており、気が強いので大和撫子といわれる日本人女性に、とても幻想を抱いているようです。声の調子、表情、穏やかで癒されるとか...?  確かに、そういう傾向はありますが、だからといってすべての日本人女性が、優しいかといえばそういう訳でもない。確かに、口調は穏やかに感じるとは思いますが。

 中国でも、日本人同様、結婚できない男性(収入が女性より低くなり、離婚をされるケース)が増えているそうです。その辺に関しては、日本より中国の方が、シビアだと思います。貧富の格差もさることながら、男性の格差もとてつもなく大きく広がっています。となると、我が息子たちの時代には、どうなっている事やら もてる男性に育つよう、祈るのみです。

 
 
スポンサーサイト
2010.07.03 Sat l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
截至28日10时12分 世博会票检入园游客突破2000万

新华网快讯:截至28日10时12分,上海世博会票检入园游客总数突破2000万。其中第一个1000万人用了36天,第二个1000万人用了23天。

訳:28日10時12分、上海万博入場者数が200万人を突破。
 新華ネット速報によると、28日10時12分、上海万博入場者総数200万人を超えた。最初の1000万人突破するのに36日、さらに1000万人突破するのに23日かかった。

 開幕当初はかなりの入場者数で、どの館も長蛇の列でしたが、その後入場者数が激減しているとの報道があったりで、どうなるのかと思われた上海万博ですが、政府の発表によると好調のようです。表向きの数は、好調なのでしょう。私の予想では、実際は分かりませんが、中国政府の発表では、総入場者数新記録達成という事で、大成功に終わりそうな感じです。というのも、ある中国の方との会話で、「7000万人の目標は難しいのでは?」と聞いたところ、一笑に付されました。「何を言っているの?中国の人口を知っていますか?中国人の人口をもってすれば、難しい事ではないのよ!」と。なるほど、確かにそういわれるとそうです。聞いたこちらが、恥ずかしくなってしまいました。

 今、「貝と羊の中国人」という本を読んでいるところですが、なかなか面白く、なぜ中国人は海外でも根付く事ができるのか?そういった事を歴史的な面からみると、とてもよくわかります。また、中国語にも中国人の概念が現れているということに、改めて納得してしまいました。(これは、又後日紹介します)

 私も、中国に留学した当初は、お店やタクシー、バス乗り場などで、きちんと列に並んで待っていました。でも、いつまでたっても順番がまわってきません、初めは中国人に対して腹が立ち、怒っていましたが、「郷に入っては郷に従え」といいます。適応できないと、いつまでたっても馬鹿を見るのです。いつまでもしつこく売りつけてくる中国人、闇で両替をしている人、はっきりと意思表示して、用心していないと知らない間に犯罪に巻き込まれたり、だまされたりします。ある時は、タクシーの順番ぬかしをした中国人の男性と大げんかになったこともありました。あまりの私の迫力?に、運転手さんが仲裁に入ってくれ、きちんとした対応をしてもらいました。ただ、毎日平和な日本にいると、すっかりその雰囲気に浸ってしまい、昨年久しぶりの中国では、最初戸惑ってしまいました。まぁ~、徐々に本領発揮となりましたが(笑)

 今、民主党は外国人参政権を訴えています。これは、何を意味するのか。考えただけでも、恐ろしいです。日本の企業は、どんどん中国に買収されています。さらに民族性もさることながら、語学も堪能で、ビジネスマンの多くは3カ国語を話します。私の知り合いの人も、独学で日本語を学んだそうです。また、毎年親戚の家にくる中国からの高校生の留学生は、皆英語が堪能です。すでに、10代で英語をマスターし、そしてさらに他言語をマスターする。こんな人たちに、一般の日本人が太刀打ちできると思えません。今の日本の小学生は、日本語すらおかしい子供(敬語すらできていない)も多いです。(親としては、頭の痛い問題ですが...)
 マスコミは、消費税率をあげるとかワールドカップ、相撲業界の賭博問題のことばかり。論点がずれています。日本は、本当に中国の属国になってしまうのでしょうか?初めは、そんな事はあり得ないと笑うかもしれませんが、気がつけば各方面に渡り、中国人が実権を握っていた...なんてことになるのです。以前私は、日本は中国の属国みたいなものだと、そう考えている中国人は、かなりいると聞いた事があります。
未来の子供の為にも、それは絶対に防がなくてはいけません!! 

 

 日本の将来を憂う人、真剣に考えている人は↓クリックして、是非お聞きください。
水素文明AudioBook
2010.06.28 Mon l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 
楽天は9日、百度(Baidu, Inc.)との中国におけるインターネット・ショッピングモール合弁事業のサービス名称が「楽酷天(らくてん)」となったことを発表した。

 「酷」は、英語のCoolに由来し、「格好いい」という意味合いを含んでいるため、若者からも支持を集める言葉だという。これに中国語での「楽天」を組み合わせて、「楽酷天」としたとのこと。なお「楽」については中国では簡体字表記(「禾」の左上が繋がった文字)になる。

 楽天と百度は、中国におけるBtoCインターネット・ショッピングモールを運営するための合弁会社を設立することを1月27日に発表していた。両社は今年後半を目処に、サービスを開始するべく各種準備を進めている。楽天の出資予定額は、3年間の総額で約43億円(1人民元=13.11円で換算)。出資比率は楽天51%、百度49%となっている。

 楽天では同日から、インターネット・ショッピングモール「楽酷天」の出店店舗向け申し込みページを開設し、営業活動を開始したとのこと。また、北京、上海、広州、深セン、南京、成都、青島等の中国主要都市において、出店店舗募集セミナーを順次開催する予定だ。
出典:RBB today


 最近、よく中国のネットニュースを見ることが増えましたが、訳すときに一番困るのが、外来語。人名は仕方が無いが、このニュースの楽天の中国名が「乐酷天(le4ku4tian1)」確かにらくてんと読めるけど、[乐天]でもいいのに。トヨタやホンダは分かりやすく「丰田(feng1tian2),本田(ben3tian2)」なのに。

○トヨタやホンダ以外の外車の名称は以下のようになっています。

BMW(宝馬)
ロールスロイス(労斯莱斯)
マクラーレン(麦克雷)
メルセデスベンツ(奔馳)
アウディ(奥迪)
オペル(欧宝)
ポルシェ(保時捷/波爾舎)

なかなか、漢字を見ただけでは想像できませんが、読めば何となく思いつくかもしれないといったレベルです。


例えば、アップル社なんて中国では,苹果(ping2guo2)ピングオといいます。これは簡単に意味も読みも連想できます。
最近、自殺者が多数出ているとして、騒がれているフォックスコン(富士康)これは読めなかった。人名かと思ってしまいました。

また、省エネ「节能(jie2neng2)」はエネルギーを節約する、エコカー「环保车(huan2bao3che1)」は環境を保護する車という意味からきています。

この他、挙げればきりがありませんが、結構知れば知るほど、ばかばかしいような面白いような。

人名は日本人の場合は、そのままですが、漢字ではない名前は大変です。アメリカのオバマ大統領は「巴拉克 胡赛因 奥巴马」バラク フセイン オバマ。思いっきり当て字です。発音は確かに似ているけど....
ちなみに、私の旧姓はハノイの都市の名前と全く同じでした

ニュースを読む上で、この外来語(地名や人名、会社名)がかなりのハードルになっています。あとは、インターネット用語ですね。email=伊妹儿(yi1mei4r)、ブログ=博客(bo2ke4) 想像できません。

先日私がモニターを体験させていただいたサイバークリニック「网络医院(wang3luo4yi1yuan4)」となるのでしょうか??

でも、楽天の中国語名称は、意味としてはなかなか良いと思います。彼はすごくかっこいい!は「他是真酷!」といいます。日本人からすると、残酷とかむごいとかのマイナスイメージですが、正反対の意味もあるのです。でも中国語の場合、ある意味、好きな漢字を組み合わせて名前がつけられるというメリットもあるなぁ~と思いました。


2010.06.10 Thu l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 先日、中国のネット新聞のトピックスに目を通していると、ふと「手足口病」そして死亡例という言葉が目に留まり、よくよく読んでみると、上海市内で手足口病が例年より前倒しで猛烈に流行しており、死亡例も出ていると。

手足口病(てあしくちびょう、英Hand-Foot-Mouth disease、略称HFMD)は、ピコルナウイルス科のエンテロウイルスの一種が原因となっておこるウイルス性疾患である。病名は手のひら、足の裏、口内に水疱が発生することに由来する(後述参考)。
原因となるウイルスに、コクサッキーウイルスA16やエンテロウイルス71などが挙げられる。
本症は中等度の感染力があり、粘液や外気からの直接感染または感染者の糞便により伝染する。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

 手足口病とは、主に乳幼児に発生し、発熱や手足、口の中に水泡が発生し、口の中に水泡ができる病気で、だいたい夏に流行し、珍しい病気ではありません。だた、ウイルス性の為抗生剤などの治療薬はなく、日数が経つと治る病気で、特別怖い病気ではないという認識でした。それゆえ、死亡例とみて驚きました。




北京市:はしか・手足口病の発生が急増 7人死亡という、記事も。北京市では現在、はしかと手足口病の発生が増加傾向にあり、今年の発病報告によると、はしかが1,418例、手足口病が11,713例。死亡例は、はしかが4例、手足口病が5例出ています。都市と農村の接合部や、大規模な立退きに直面する町が、発病集中地区となっていることが今年の疫病状況の特徴だといわれています。天候、疫病の特徴、周辺省市区の発生状況から、この先しばらくは、はしかと手足口病の発生が増加し続けるものと判断している。ということは、中国では地震や水害などが発生し、また北京オリンピック、上海万博以降立ち退きなどで住居を移動せざるをえない人々が、大量に移動し、また北京などの大都市は郊外や地方からの出稼ぎ人口が多くなり、そのため人口の流動がこういった伝染病拡大につながっているのでしょう。今、上海万博周辺で拡大すれば恐ろしいことになりますね。実際の患者数も表だって明確には発表されないという国ですので、非常に怖いです。

 日本でも家畜による口蹄疫で騒がれていますが、これが人間だったらどう対処すれば良いのでしょうか?日々の報道を見ていると、残念ながら国(政府)は有効な対処をしてはくれないと考えざるをえません。気候変動、新たなウイルスの発生や既存の薬が効かないウイルスへの変異により、危機が訪れることも全く他人事ではないと思います。

 はたして、今年はどんな伝染病が流行するのやら。昨年の新型インフルエンザ流行では、私は地域の祭りの巡回やPTAの活動などのため、自重することができずに早々と感染してしまいましたが。こちらも気が抜けません。日本のマスコミは、情報操作が多すぎて、TVでは世界のこういったニュースさえ、見逃してしまいます。それゆえに、日頃の正確な情報網と日頃の体調管理が予防には重要になってくると思います。

 
 

 
2010.05.29 Sat l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 14日に中国青海省玉樹チベット自治州玉樹県で起きたマグニチュード7.1の地震が発生。死者617人。ここ最近、中国に関するニュースが絶えない中、衝撃のニュースでした。上海万博まであと少し。北京オリンピックに次ぐ国家大事業成功に向け、中国の国際的イメージアップに躍起になってる中の訃報でした。 

 3月末に突然、2008年に起きた中国製冷凍餃子による中毒事件の容疑者として、冷凍ギョーザの製造元である、天洋食品(河北省石家荘市)の元アルバイト従業員、呂月庭容疑者(36)が職場の待遇を不満に思い、注射器で混入した容疑で身柄を拘束といったニュース。
 中国としては、犯人を検挙し、日本との関係改善に配慮した形をとっているが、誰の目からみても不自然な幕引き。今頃になって何故?また、メタミドボスは水溶性の為、下水の中で2年間も放置されていたのに何故毒物が検出されたのか?という専門家の指摘もあります。

 4月には、日中国交正常化後初めての日本人死刑執行のニュースもありました。これもまた、国際的に中国は覚せい剤、大麻などの薬物犯罪に強固な態度を示すことによって、アピールしているに過ぎません。実際に処刑されるのは、末端である運び屋といわれる貧困階層の人であるため、根本的には薬物による犯罪は後を絶たない実情。 


 ニラから基準値以上の農薬 9人が中毒=山東省
  食の安全への懸念が広がる中国で、またも高濃度の農薬に汚染された野菜が発見された。山東省青島市で4月1日頃、ニラを食べた後に頭痛や吐き気、下痢などの症状を訴え、9人が病院へ駆け込む事件があった。検査により、ニラに残留していたのは基準値を超える有機リンで、患者は中毒にかかっていたことが判明。
 

 「光る食肉」、中国各地で報告 化学汚染が原因か スーパーや市場で買った豚肉や魚が、夜の暗闇の中で光を放つと、中国各地で相次ぎ報道されている。専門家らは、有毒物質に大量汚染された可能性を指摘しています。専門家らは、このような光る豚肉や魚肉は成長過程において、リンの化合物または他の化学汚染を大量に受けた可能性があり、食用は避けるべきだの指摘。
 

 中国汕頭でも「地溝油」:養豚場の汚水とレストランの生ゴミから、食用油を再生
  先月、「怖すぎる中国の食事情」でも紹介しましたが、ここでは数年前から工場で生産されていたようです。

 

 日本では、中国産の食物の買い控えをしている人も多いかと思います。ただ、ここ最近の野菜の値段高騰の為、やむを得ず安い中国産の野菜に手を出してしまう人もいると思います。また、加工食品においては、日本国内で加工されたものは、原材料の産地記載義務は無い為、私たちも知らないうちに中国産の原材料の食品を口にしている可能性は大なのです。

 中国のような極端な貧富の格差による犯罪、干ばつ、公害、地震災害被害。ご存知の通り、日本での中国食物による汚染、中国人労働者の増加、犯罪に巻き込まれる日本人、どんどん日本社会も侵食されています。私たちも明日はわが身と考えなくてはいけません。こういった社会の闇が横行し、いつの間にか自分たちの心も汚染されてしまう前に、正しい情報、信頼できる人間関係、体力、自分にできることから一歩ずつでも前に歩いていかなくてはいけないと再度痛感しました。

 まずは購読しよう→クリック
 この書籍を読もう→クリック

 



2010.04.15 Thu l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
、「中国の食用油、1割が有害…廃油再利用で発がん性」怖すぎる中国の外食事情=ヒ素より百倍毒性の「地溝油」、「誰もが口にしているはず」最近、こんな衝撃的な記事が。

 また中国ですか~・・・と思いましたが(こういった事に慣れてしまっている自分が怖いです)、日本でもここ数年、「ダンボール入り肉まん事件 」、「中国冷凍餃子の中毒事件」、「ミルク事件」が記憶に残っています。表向きは解決したようでも、根本的な解決には至っていません。北京オリンピックや上海万博といった国家をあげた事業の前には何かしら、問題が表ざたに。そしていつの間にか、うやむやに。

 中国の富裕層は、国内産の野菜や食品を一切買わずに、値段がとても高い日本産等の外国産のものを買うそうです。
都市の一般市民は、野菜を食べる前には必ず農薬除去の薬で洗浄してから食べるといいます。

 昨年は、留学して以来、久しぶりに中国旅行に行き、いろんなお店で食事をしましたが、店が悪かったのか、ホテルの朝食以外はあまりおいしくありませんでした。ただ、オリンピックの後のせいか、露店も、文化大革命の後も、物乞いをする子供や老人も一切見かけませんでした。トイレもキレイでした。当然ながら、おなかをこわすこともありませんでした。高速道路もでき、高級ブランド店、10年前の面影は一切無く、自転車に代わって、バイクと車が主流になっていました。

飲茶


北京ダック




 自分たちの国民や将来を担う子供たちを犠牲にして得られる利益とは、何なのでしょうか?中国は私にとっては、大好きな国。特に中国語や文化、書、遺跡など興味深いものは多々あります。ただ、自分たちの利益の為なら、何でもする国であるのも事実です。

 旅行でも、ぼ~っとしてたら、日本人なんて中国ではあっという間にお金をぼったくられます。初めて中国での私の姿をみた家族は、今まで以上にたくましさを感じたそうです。(若干引いていたようにも感じましたが)私にしつこく食い下がる中国人の根性に、かなり感服していたようですが・・・。

 今年は、上海万博開催の年。是非行ってみたいと思っていましたが、GW中、又はその前に世界で何かが起こりそうな予感。(あくまでも私の勝手な予感ですが)今回は行くのはよそうかと思います。いくら建物や都市の一部が近代化したように見えても、体質は変わっていませんし、食べ物も怖いので。ちなみに、中国旅行で一番おいしかったのは何か?という子供たちの答えは、「ケンタッキーのフライドチキン!!」でした

 中国の場合は極端にひどすぎますが、日本でも産地偽造や一般の私たち消費者には知らされていないことがたくさんありそうです。これからの新しい世界、安心・信頼できる食料の確保を考えていかなくてはいけないと痛感しました。

 少しでも、今の食生活や教育環境に疑問があったり、真実が知りたいと思った方は、まずは「水素革命近未来!」又は「秋月便り」を購読してみてください。何か感じるものがあるはずです。


 余談ですが、最近宴会等が続き、不摂生な生活だったので、ダイエットも兼ねて早朝から1時間ほど走ってきました。ペースを7分に落とし、長く走るようにしています。公園の桜もちらほら咲き始め、ハナミズキもきれいでした。朝から走ると、気持ちいいですよ。










2010.03.22 Mon l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。