上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「若者、職求め中国へ」今朝の読売新聞の朝刊の一面に、何やら意味深なタイトル

これは、堺屋太一の未来小説2020年。「国は借金漬け、円暴落の一途」
話は、1947年生まれ73歳の和夫の孫平太が、2020年の暮れ近いある日、大学卒業後、就職口のない平太が、上海の大学院で電子工学を学ぶのをやめて、重慶の電子部品工場に就職を決めたことから始まる。

一昔前は1元10円、1ドルが100円だった。平太が重慶の工場就職を決めたのは、手取りで1万5千元の給料がもらえるからだ。1万5千元→15万円だったが、今では1元70円近くまでなり、15万円→100万円になっているのだ。これは、2年前の2018年秋、世に言う「平成30年の大破局」からだ。2010年頃からは財政支出の半分以上が国債発行。それを一段と悪くしたのが、2017年の総選挙。このとき、「改革断行派」と「人間温情派」が激しく対立。結果、温情派政府が続き、公務員の解雇にも、年金や子育て助成金の削減にも大幅な増税にも反対したため、さらに悪化していく。

さらに話は進み、郵便貯金を奨励しても国債消化はできず、1兆元の元建て債を発行、アジア通貨基金に売った。資金提供の見返りとして、日本財政赤字の半減を求められるが、できず、代わりに円安インフレ対策を行い、物価高をつり上げることで、名目GDPを膨れ上がらせ、国債比率を下げる。こうして、ドルや元に対して値下がりが進んだ。

国内では、少子高齢化による労働力不足、輸入物価の値上がり、ガソリン高、ドル高、税高により、リッター1000円に達した。そのせいで、プラグインの2人乗り小型電気自動車が大流行。この分野で立ち後れた日本の自動車メーカーの一つは、中国企業の子会社となった。そして、企業は東京を脱出。証券や金融の取引は上海やシンガポールの5分の一。東京では国債取引ができない。

さらに、官僚による規制。入省年次の順序だけで、知識も意欲もない奴が出世する身分制。温情政府は公務員の解雇も降格もしない。定年は延長され、高齢公務員がたまるばかりだ。だから公務員は自分の業界を囲い込み、法人格で別々にする。医療法人、学校法人、社会福祉法人、農業法人。これでは資金も人材も動けないから進歩もしない。日本の技術はどんどん遅れる。10年も前から同じことが言われ続けているのに、かわらないこの国に絶望を感じた。そして、孫の平太に「やっぱり重慶に行くか」と言おうとした。その孫の平太は携帯の画面に熱中している。「すごいよ!今日のサッカー日本代表がベトナムに勝ちそうなんだよ。これに勝てば、中国韓国に次いでアジア3位。日本もやれるんだ~」和夫は心の中でどなった。「俺の若い頃は、いや、つい10年前までは日本はアメリカに次ぐ世界第2位の大国だったんだぞ」と。

読売新聞 堺屋太一 未来小説2020年より


この小説をよんで、このままでは小説が事実になってしまうという危機感を感じました。これを読まれて、ぞっとした人も多いはずです。今のまま何もしなければ、日本の自動車メーカーが中国の子会社となったり、ガソリンが1000円に達したり、子供たちが将来職がなくて、中国に出稼ぎに行くようになるかもしれません。この小説では、2020年の設定ですが、実際にはもっと早くなると思います。すべてがこの小説の通りにいくとは限りませんが、この小説を通して、いろんな人が近い将来を想像しやすいのではないかと思いました。

時代はとても急速に進んでいると、毎日実感しています。また、自分の生活もかなり変化しました。今まで苦手で、絶対に一生することはないだろうと思っていたことを、こうしてしているのが驚きではあります。夜は遅くまで起きているのが苦手で、つらいときもありますが、でも以前よりは忙しいけれど、色々なことができて楽しかったりもします。何も知らず、ただじっとしているよりも、何か行動して生きる方が、ずっといいのではないのでしょうか?






スポンサーサイト
2010.04.27 Tue l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
  切磋琢磨【意味】 切磋琢磨とは、学問や道徳に努め励むこと。また、仲間同士で励まし競いあって向上すること。

【切磋琢磨の語源・由来】



出典は中国最古の詩集『詩経』の「衛風(えいふう)・淇奥(きいく)」による。

「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらを研ぐこと。

「琢」は玉や石を打ち叩いたくことで、「磨」は磨くことを意味する。

『詩経』ではこれらの語を用いて「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」と、細工師の技工や完成した細工品に喩えて衛の武公をたたえたことから、切磋琢磨は学問や精神・人格を磨き、向上することを意味するようになった。

また、「切磋」のみや「琢磨」のみで用いることもある。


  出典:語源由来辞典

 ここ最近、いろんな人とお話しする機会がありました。昨年度は色々な役員をさせていただいたせいもあり、学校関係の方、同じ趣味をもつ方、子供を通じての友達、学生時代の親友、そして御蔵やイベントでお会いした方々。
色々なことを学ぶ中で、切磋琢磨とはどういうことだったかと、ふと考えてしまいました。家庭の中にいると、自分の好きなことを趣味やストレス解消としてすることはあっても、切磋琢磨して向上させるということはあまり無かったように思います。

 いろんな人と交わり、学び、そしてそれをまた人へと伝えていく。今また学生時代に戻ったような気持ちです。

 私の場合、小中学の友人は、塾が同じで供に勉強した友達だったり、高校ではクラブの仲間やよく図書館で勉強しあった仲間、大学では一緒に中国語を勉強したり、留学に行ったり、遊んだりした仲間。お互いに学び切磋琢磨しあった仲間とは、卒業してそれぞれの道に進み、密な関係ではなくなったけれど、何かがあれば集まったり。今では、友達は育児真っ只中、そのせいかもっぱら子育てについて聞かれることが多いです。よく「育児は育自」と言われますが、子供を育てる中で、自分もまた子供たちから色々な事を学び、共に成長しているのだと思うのですが、子どもが小さいうちは余裕が無く、なかなかそうは思っても実感することは少なかったように思います。(まだまだ育児は続いていますが・・)子どもが大きくなるにつれて、少しずつですが実感しています。子どもがいなかったら、学ぶことができなかったこともたくさんあるのだと。

 昨日、ようやく中国語のレポートを仕上げ、王先生と家庭教育、親と子どもの関係についてディスカッションしました。日本語でもちょっと考えてしまう内容。忙しく、時間の無い中、なんとかクリアしましたが、たまにこういった宿題を出されるので緊張します。しかし、これも中国語のレベル向上には欠かせない課題です。ただ最近、今の語学学習に少し限界を感じているので、最近よく使うSkype。Skypeで毎日短時間でもいいので勉強するのもいいかもしれないと思っています。ただし、相手は中国人。どうしてもネット上のやり取りでは信頼できないと思うのは私だけでしょうか?・・・とりあえず、先生の出身地とレベルチェックは必須ですね。それに、文法に関してきちんと説明できるかも大事ですね。


 
2010.04.21 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 iPhoneを使い始めて、3ヶ月。今までの携帯と、入力方法も違うし操作方法も違うので、戸惑っていましたが、iPhoneがあれば、パソコンの無い時でもGoogleトークが使えることがわかり、また、SkypeもAppleStoreからダウンロードし、アカウントを入手し、ログインすれば使用できます。

 でも、一番便利なのは、「fring」。ダウンロードは無料。

 ●まず、UserID、Passwordを設定

 ●ログイン後、Skype、GoogleTalkなど、使用するそれぞれのUserIDとPasswaordを入力しておく。
 すると、このようにログインしているところにチェックが入ります。

 fring

 ●buddy listをタッチすると、連絡先が出てきます。ここでそれぞれのステータスが表示されます。
 連絡先リスト

 ●チャットしたい人をクリックすると次のような画面になります

 ビデオチャット
 チャット、フリングコール、ビデオコールを選択します。

 私は、練習の為もう一つ別にSkypeのアカウントを取得して、パソコンとiPhoneのfringで、Skype同士での文字チャット、ボイスチャットを試してみました。最初の練習相手は息子たちです。1階と2階に別れて試しましたが、音声は良いとはいえませんが、内容は十分に聞き取れました。その後は、国内の友人とも試しましたが同様に問題なし。あとは、海外にいる友達とも試してみる予定です。

 それにしても、子どもたちの楽しそうな興奮した顔が忘れられません。特に下の子は、やみつきになったのか、それ以来時々私のほうが誘われます。改めて、子どもの吸収力の速さと適応能力の高さを実感しました。

 次に、GoogleTalkでもボイスチャットを試しました。これは、遠隔医療相談にも使えそうです。実際、音声テストをしましたが、全く問題ありませんでした。iPhoneのfringを使えば、外出先で空いた時間に相談したり、お話したりすることもできます。本当に便利です。

 さらに、iPhoneは、fringでビデオチャットもできるようです。現在、色々と試しているところです。ここまで、使いこなせることができたら、iPhoneで更に世界が広がりますね。

2010.04.20 Tue l iPhone l コメント (0) トラックバック (0) l top
 2月22日からジョギングをはじめて、早2ヶ月弱。途中忙しかったり、風邪をひいたりして、ジョギングの回数は減ったこともありましたが、ナイキ+シューズとiPhoneと共に走り、今日でトータル走行距離100km達成しました。

 感想としては、もう100km?といった感じで、正直あまり苦になりませんでした。

ナイキランニング表
 ↑のグラフは、2月22日から4月17日までの私自身の日別走行距離のグラフです。今日までのすべてのランが一目でわかります。

 ナイキランニングにアクセスして、アカウントを作成するだけでOKです。あとはiPhoneをPCとつなぎ、同期させると、このように記録されます。

ナイキ+
 ↑の表は、今日のランのペースを表したグラフです。
ナイキ+対応のシューズとiPhoneと、センサーがあれば、距離・時間・ペース・消費カロリーまで細かく記録されます。消費カロリーは、はじめに自分の体重を設定しておけば、あとは勝手に計算してくれます。ちなみに私の場合は、1時間半のランで約620キロカロリー消費しました。

 始めた頃は、正直30分のランもしんどかったのですが、今では、30分を超えると、45分走るのも1時間走るのも、しんどさは大して変わらなくなりました。
 今日は、たまたま主人がゴルフの為4時起きで、子どもたちが起きる7時まで十分時間があったので、遠出をしてみました。約1時間30分のジョギングでしたが、1時間も1時間半もあまり大差はありませんでした。

 でも、ただ漠然と走るだけでは、飽きてしまうのですが、このナイキ+iPhoneがあれば、励みになりますよ。私もあっという間に100km到達していました。あとは、秋に向けて20Km走れるようになるのが目標です。でも、これから夏に向けてのランは、暑さと紫外線との戦いになりそうです。やっぱり、ジムでランニングマシーンで練習する方がいいのかな。




2010.04.17 Sat l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top
 14日に中国青海省玉樹チベット自治州玉樹県で起きたマグニチュード7.1の地震が発生。死者617人。ここ最近、中国に関するニュースが絶えない中、衝撃のニュースでした。上海万博まであと少し。北京オリンピックに次ぐ国家大事業成功に向け、中国の国際的イメージアップに躍起になってる中の訃報でした。 

 3月末に突然、2008年に起きた中国製冷凍餃子による中毒事件の容疑者として、冷凍ギョーザの製造元である、天洋食品(河北省石家荘市)の元アルバイト従業員、呂月庭容疑者(36)が職場の待遇を不満に思い、注射器で混入した容疑で身柄を拘束といったニュース。
 中国としては、犯人を検挙し、日本との関係改善に配慮した形をとっているが、誰の目からみても不自然な幕引き。今頃になって何故?また、メタミドボスは水溶性の為、下水の中で2年間も放置されていたのに何故毒物が検出されたのか?という専門家の指摘もあります。

 4月には、日中国交正常化後初めての日本人死刑執行のニュースもありました。これもまた、国際的に中国は覚せい剤、大麻などの薬物犯罪に強固な態度を示すことによって、アピールしているに過ぎません。実際に処刑されるのは、末端である運び屋といわれる貧困階層の人であるため、根本的には薬物による犯罪は後を絶たない実情。 


 ニラから基準値以上の農薬 9人が中毒=山東省
  食の安全への懸念が広がる中国で、またも高濃度の農薬に汚染された野菜が発見された。山東省青島市で4月1日頃、ニラを食べた後に頭痛や吐き気、下痢などの症状を訴え、9人が病院へ駆け込む事件があった。検査により、ニラに残留していたのは基準値を超える有機リンで、患者は中毒にかかっていたことが判明。
 

 「光る食肉」、中国各地で報告 化学汚染が原因か スーパーや市場で買った豚肉や魚が、夜の暗闇の中で光を放つと、中国各地で相次ぎ報道されている。専門家らは、有毒物質に大量汚染された可能性を指摘しています。専門家らは、このような光る豚肉や魚肉は成長過程において、リンの化合物または他の化学汚染を大量に受けた可能性があり、食用は避けるべきだの指摘。
 

 中国汕頭でも「地溝油」:養豚場の汚水とレストランの生ゴミから、食用油を再生
  先月、「怖すぎる中国の食事情」でも紹介しましたが、ここでは数年前から工場で生産されていたようです。

 

 日本では、中国産の食物の買い控えをしている人も多いかと思います。ただ、ここ最近の野菜の値段高騰の為、やむを得ず安い中国産の野菜に手を出してしまう人もいると思います。また、加工食品においては、日本国内で加工されたものは、原材料の産地記載義務は無い為、私たちも知らないうちに中国産の原材料の食品を口にしている可能性は大なのです。

 中国のような極端な貧富の格差による犯罪、干ばつ、公害、地震災害被害。ご存知の通り、日本での中国食物による汚染、中国人労働者の増加、犯罪に巻き込まれる日本人、どんどん日本社会も侵食されています。私たちも明日はわが身と考えなくてはいけません。こういった社会の闇が横行し、いつの間にか自分たちの心も汚染されてしまう前に、正しい情報、信頼できる人間関係、体力、自分にできることから一歩ずつでも前に歩いていかなくてはいけないと再度痛感しました。

 まずは購読しよう→クリック
 この書籍を読もう→クリック

 



2010.04.15 Thu l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 先日終了した春の高校野球。大熱戦の決勝戦だったようで、ソフトボールをしている息子も一生懸命TVで観戦していました。もうプロ野球もシーズンが始まったなぁ~、今年は阪神はどうなのだろう?と考えていると、ふと最近見たCMを思い出しました。元阪神タイガースの星野監督の出ているCMです。(関西でこの人を嫌いな人はほとんどいないはず)相変わらずCM好感度は高いなぁ~と思い、何気なく見ていると、関西電力の原子力発電所のプルサーマルのPRCMでした・・・。

 これは四国電力の以前のCMですが、おそらく全国で同じようなCMが流れているのでしょう。
 

 
 好感度の高い文化人や人気俳優などを起用して、あたかも原子力発電は環境にやさしくて、これからのエネルギーを担っていくものだといわんばかりのCMです。以前なら私も星野さんの爽やかさに、惑わされてしまうところでした。思わず、「星野さん、もっと仕事は選ぼうよ・・・」とつっこんでしまいましたが

 3月の佐賀イベントに参加した中で、原子力発電所の近くに住まわれている人たちや作業に従事している人は、白血病で亡くなる方が非常に多く、その事実も公表されていとの話を聞き、実際に原発の近くに居住したことのない私にとっては、今まで事故の報道にもどこか他人ごとで気にも留めていませんでした。

 「秋月便り」を購読するようになってから、ガイガーウォッチャーの存在も知ったのです。イベントに参加した際に、初めてガイガーカウンターというものも見せていただきました。自分や親戚の住む地域はどうなのだろう?旅先で色々計測してみるのもいいかも。変わったもの・新しいもの好きな私にとっては、魅力的だったのですが、今の私には他にも必要なものがたくさんあるので、またの機会に。 
 今年は、原子力発電所の近くで、桜の花の奇形が数多くみられたそうです。


 以前から、マスコミや政治家たちは、国民を馬鹿扱いしていると感じることは多々ありましたが、本当にあきれてしまいます。これでは、子供たちや現実を知らない大人たちは、洗脳されてしまいます。
 ちなみに、上の息子は学校で原子力発電所について学んだと言っていたので、原子力発電の危険性や問題について、少し話をしました。私の下手な説明で理解できたかは??ですが、その怖さや危険性だけでも、感じてくれたらいいのですが・・・。

2010.04.07 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 日常と違う空間は、心に安らぎと刺激を与えます。旅先では、普段よく見かける花々や小動物にさえ、驚きや感動を覚えます。まして、自分が行きたい、目的がある場所へ行く場合はなおさらです。また、それに向けての準備も時間を調整したり、持ち物をそろえたり、計画を立てたり、色々大変でもありますが、とても楽しい時間でもあります。

今回の春休みの帰省は、子供たちにとっては、興奮の毎日だったようです。
それはこの子がいるからです。↓
 
 すず
 我が家の愛犬「すず」です。この子のいるおかげで、両親は毎日軽い散歩が日課になっています。少々太り気味のウェルシュ・コーギー犬ですが、8年前に我が家にやってきました。小さい頃から一緒だったので、子供たちも兄弟のように遊んでいます。特に下の子が生まれた時は、母が「アレルギーになる子が多いから、生まれた時に免疫をもらっておきなさい」と言って、退院したばかりの赤ちゃんを舐めさせるといった事もありました。そのおかげかどうかは微妙ですが、うちの子たちはアレルギーは一切無く、親としてはうれしい限りです。

これは実家から4キロほど離れたところにある、川辺の散歩コースです。

 ジョギングコース
 残念ながら桜の開花には少し早かったのですが、とても気持ちよくジョギングできました。小さい頃から見慣れた景色も車や自転車ではなく、ジョギングしてみると、知らなかったところがたくさん発見できました。

 3月の吉野ヶ里公園ジョギング会に参加して以来、すっかりランニングの楽しさを覚えてしまいました。イベントに参加するまでは、長距離はとてもしんどいので嫌いでしたが、まさか自分が1時間もランニングできるようになるとは思ってもいませんでした。何がきっかけとなるか、本当に分かりません。苦手だと思うことも、時には挑戦してみると、意外とできることもあるものだと思いました。

 以前、「苦手だと思っていて挑戦していないことのほうが、意外とやってみるといろんな可能性があるかも」と言われたことがあります。その時は、きっと自分にはできないし、興味もないし、やる気も無いから・・・と聞き流していましたが、自分の知らない世界を知り、目を向けてみるのは、勇気も必要だけど、楽しいと思うようになりました。

 ところで、今後も様々なイベントが行われます。5月2日(日)には、電動バイク試乗会があります。EVバイクの製作者の自由の代価さんとは、佐賀のマイクロ水力発電等の見学会でお会いしましたが、モーターに関してとても真剣に質問されている姿が印象的でした。そのお姿から、とてもすごいものが出来上がりそうだと感じました。私はバイクなどとは無縁の生活をしていますが、どんなものなのか一度は見てみたいです。
実際、中国はもとより、台湾でも普及拡大を支援し、今後も需要拡大しそうです。(知っていたら、昨年中国に行ったときにちゃんと見たのにちょっと後悔です)

 さらに5月4日にはComitia92ゲームの展示会6月にはマリンスポーツと様々なイベントが予定されています。

 どのイベントも、今までの私の生活では知りえないであろう世界ばかりですが、実際に参加するための過程の中で、いろいろと自分で考えたり、調べたり、発見があったりと、何かしら自分にプラスになるものを見つけられる機会でもあると思います。私自身も、また何とか機会をみつけてイベントに参加したいです。


 

 

2010.04.01 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。