上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 先日、中国のネット新聞のトピックスに目を通していると、ふと「手足口病」そして死亡例という言葉が目に留まり、よくよく読んでみると、上海市内で手足口病が例年より前倒しで猛烈に流行しており、死亡例も出ていると。

手足口病(てあしくちびょう、英Hand-Foot-Mouth disease、略称HFMD)は、ピコルナウイルス科のエンテロウイルスの一種が原因となっておこるウイルス性疾患である。病名は手のひら、足の裏、口内に水疱が発生することに由来する(後述参考)。
原因となるウイルスに、コクサッキーウイルスA16やエンテロウイルス71などが挙げられる。
本症は中等度の感染力があり、粘液や外気からの直接感染または感染者の糞便により伝染する。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

 手足口病とは、主に乳幼児に発生し、発熱や手足、口の中に水泡が発生し、口の中に水泡ができる病気で、だいたい夏に流行し、珍しい病気ではありません。だた、ウイルス性の為抗生剤などの治療薬はなく、日数が経つと治る病気で、特別怖い病気ではないという認識でした。それゆえ、死亡例とみて驚きました。




北京市:はしか・手足口病の発生が急増 7人死亡という、記事も。北京市では現在、はしかと手足口病の発生が増加傾向にあり、今年の発病報告によると、はしかが1,418例、手足口病が11,713例。死亡例は、はしかが4例、手足口病が5例出ています。都市と農村の接合部や、大規模な立退きに直面する町が、発病集中地区となっていることが今年の疫病状況の特徴だといわれています。天候、疫病の特徴、周辺省市区の発生状況から、この先しばらくは、はしかと手足口病の発生が増加し続けるものと判断している。ということは、中国では地震や水害などが発生し、また北京オリンピック、上海万博以降立ち退きなどで住居を移動せざるをえない人々が、大量に移動し、また北京などの大都市は郊外や地方からの出稼ぎ人口が多くなり、そのため人口の流動がこういった伝染病拡大につながっているのでしょう。今、上海万博周辺で拡大すれば恐ろしいことになりますね。実際の患者数も表だって明確には発表されないという国ですので、非常に怖いです。

 日本でも家畜による口蹄疫で騒がれていますが、これが人間だったらどう対処すれば良いのでしょうか?日々の報道を見ていると、残念ながら国(政府)は有効な対処をしてはくれないと考えざるをえません。気候変動、新たなウイルスの発生や既存の薬が効かないウイルスへの変異により、危機が訪れることも全く他人事ではないと思います。

 はたして、今年はどんな伝染病が流行するのやら。昨年の新型インフルエンザ流行では、私は地域の祭りの巡回やPTAの活動などのため、自重することができずに早々と感染してしまいましたが。こちらも気が抜けません。日本のマスコミは、情報操作が多すぎて、TVでは世界のこういったニュースさえ、見逃してしまいます。それゆえに、日頃の正確な情報網と日頃の体調管理が予防には重要になってくると思います。

 
 

 
スポンサーサイト
2010.05.29 Sat l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 先月末、遠隔医療相談のモニターに応募し、体験させていただきました。ちょうど新しくMacを購入したばかりで、操作もいまいちあやふやな中、GoogleTalkのビデオチャットと文字チャットの併用で行いました。初めてのことばかりで、少し緊張しましたが、事前に段取りの方を丁寧に教えていただいていましたので、特に問題も無く相談することができました。

 私が今回モニターに申し込んだ理由は、これから利用することになるかもしれないと思ったからです。常日頃、家族の健康を管理している者としては、私自身が体験するのが一番適任だとも思いました。そんな中、歯科医の先生のコラムを拝見し、今までの子供たちの歯科検診や治療についてとても疑問を感じ、そういったことについて、是非相談したいと思いましたので、とても助かりました。

 相談当日は、前もって心配していた息子の歯の写真をデジカメで撮影し、パソコンで画像を送っておいたものを診ていただいていましたので、すぐにお話が始まり、子供の普段の食生活や食事の時間、歯磨きについてなどの問診の後、日常生活における予防方法など詳しく教えていただきました。いつもの歯医者さんでは、親は診察室に入ることができないので、ゆっくりと質問したり、予防についてお話してもらうことはなかったので、とてもよかったです。勉強になりました。そのあと、食後の重曹うがいと、朝晩の歯磨き、フロス、仕上げ歯磨き、間食の時間などを気をつけて実行し、再度1ヶ月後に経過を見ていただくことになりました。

 今までなら、車での行き帰りの時間と待ち時間など合わせて1時間以上はかかっていましたが、これなら30分もあれば終わります。事前の準備は必要ですが、2人以上子供のいる家庭や、自分の体調が優れないときでも、遠隔医療ならば問題なく診ていたでけます。実際に、すぐ近くに両親もおらず、主人は帰りも深夜になることが多く、息子たちや私自身が病気になった時は、とても辛かった経験がありますし、また同じように大変な思いをしているお母さん友達もたくさんいましたので、そんな子育て世代のお母さんに利用していただけると、とてもうれしいです。(幸い、私はご近所のお友達などとお互い助け合いながら、何とか頑張れましたが)

 また、夜遅くの開始でしたが、事前に息子に「Macを使ってあなたの歯の相談をするのよ」と話していたので、好奇心には勝てなかったのか、「僕も見たい!」と言って、がんばって起きて、恥ずかしそうに先生にご挨拶をしておりました。このように、映像を通して対面ですので、電話だけの音声の相談と違い、安心感があると感じました。子供にとっても、驚きの経験となり、私にとっても良い経験となりました。ただ、これが始まりであって、正しい習慣を身につけ、予防していくことが大切だとも思いましたので、これをきっかけに予防に努めていきたいと思います。先生、ありがとうございました。

 最後に、改善点としまして、実際の病院でも感じたことですが、先生に右の何番目の歯が....とか言葉で説明をされても、すぐにピンとこなくて、どこの歯なのか分からないというのが正直なところで、専門用語は素人には分かりずらいので、テキストでも画像でも良いので、それを見ながら説明を受けられると分かりやすいと思いました。

 
 
2010.05.27 Thu l 遠隔医療 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 先月末に、やっと旦那様の了解を得ることができ、念願の最新MacBook Pro13を手に入れることができました。さすがに勝手に自分のお金で買ってしまっては、今後いろんな形で支障が出てくるのが目に見えていたので、苦心しました。それに、手に入れるまでの時間がもったいなくてイライラしたりもしました。(お金で時間は買えないので)
けれど、やはり主人の側からすると、自分の奥さんが勝手に10万円以上の、使えるかどうかわからないものを購入したらいい気分はしませんよね。多少の波風は立つだろうなということを考えると、自分のお金で勝手に購入という選択肢は消えました。(洋服や化粧品ならば、理解できないこともないようですが、今まで私が全く興味の無かったMacが欲しいというのが、よほど不可解だったのでしょう。)

 説得には、まずMacの良さをアピールしなくては。とはいえ、私もMacどころかノートパソコンも使用したことの無い状態なので、使っている方のコラムを読み、質問したり、Macの優位性や特徴、短所を調べ、時間を見つけては主人に説明して、また反論されては、又調べ、その繰り返しでした。秋月便りさんからMac直営店のホームページを教えていただき、Apple Storeのパーソナルショッピングというものがあることを知りました。これを利用して、主人説得のために実物に触れさせようと思い、予約をして家族全員で行きました。やっぱり、ここは子供も味方に付けないといけません。あとは、これでプロの方が説明してくださったら、きっとすぐに落とせると思ったのですが、これがなかなか手強く、家電量販店でMacを取り扱っているところへ行き、再度情報収集するはめに。主人曰く、「自社製品を悪く言う社員はいない。WindowsとMacどちらが売れて構わない、利害関係の無い量販店の人に聞くのがいい。」と。

 People looking at a computer Customer being helped
↑Apple Store の直営店では直接商品の案内や購入のアドバイスをしてもらえるサービスがあります。
 
 それでも最初は無理だったので、こうやって一生懸命説得した後は、少し時間をおきました。仕事で疲れているときは一切話はしませんでした。相手の精神状態を判断しないと、これまでの苦労が水の泡になるので、我慢しました。疲れているときに話されても、誰もyesとはいいません。結局のところ、私の場合は、私には使いこなせないだろう、飽きてすぐに使わなくなるというのが心配だったようです

 購入時にも、私には一番安いもので十分だろうと言われましたが、Macに詳しい方にアドバイスを受け、MacBookと迷いましたが、2~3万円しかかわらないのなら、最新のものがいいと思ったので、なんとか頑張ってお得な購入方法を探しました。調べた結果、価格comより難波にある大きな量販店舗が実質一番お得だったので、そこに強引に朝から引っ張り込んで購入しちゃいました。とにかく、Macは安くならないらしく、特に最新モデルは無理だそうです (ネットも同様)発売されたばかりだったので、仕方ないですね。でも、実質\95000ほどで購入できたので良かったです。結果的には、主人の方が根負けしたという感じでしたが。

 今では、私が夜遅くまで起きてMacの前に座っているのにも慣れたようです。その上、2階の空いている部屋を寝室とは別に、私の部屋にしてしまいました。徐々に慣れていくことでしょう。購入後はおかげ様で、ビデオチャットなどスムーズにできました。最初に一番感動したのは、起動するまでの時間がめちゃくちゃ早いことです。以前のWindowsでは、電源入れてから別の用事をちょっと済ませたころに、やっと起動完了といった具合だったので、今はストレスレスです。

 あきらめずに根気強く説得できてよかったです。それぞれの説得する相手の性別や性格や関係、環境によって千差万別ですが、今後誰かの参考になれば幸いです。人を説得するのは難しいですね。でも、次回はもっとうまく色々なことを説得できるようになっているかもしれません。


2010.05.18 Tue l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 先日、私が習っているプリザーブドフラワーの先生のお宅に、レッスンのため行きました。ちょうど雨が降った後で、少し花びらが落ちていましたが、見事なバラのお庭を見せていただきました。今年は、寒かったり急に暑くなったりで、一気に咲き始めたそうです。お庭は、ほのかにバラの香りが漂っていて、とても素敵でした。

 そういえば、もうすぐ昨日より今日のノリコさんのバラのお茶会があります綺麗なバラが咲いていることでしょう。日頃、残業続きのサラリーマンの人や普段忙しい生活を送っている人にとっては、癒しの場になることでしょう。私は残念ながらその週末は、子供のソフトボールの試合が重なっていて、参加することができないのですが、是非素敵なバラのお写真は拝見したいです。

 私の場合、まだ子供に手がかかるし、広いお庭も無いので、バラの栽培はあきらめていましたが、植木鉢でも、マンションのベランダでも栽培している方は、たくさんいると聞き、1鉢から挑戦してみようと思いました。今では、バラの苗木はネットでも購入できるそうです。ネットでは何でも買えるのだと感心してしまいました。
 
 レッスンの方は、先月は母の日にちなんでカーネーションで作品を作りましたが、今月はドーム型にバラの花をアレンジしたものを作りました。一般的には、ピンクやレッドの薔薇の花で作られる人が多いそうですが、なぜか人と同じものは作りたくないというひねくれた?性格のため、金運アップ?で元気の出るビタミンカラーのイエローをチョイス。好きな色や素材を選んだり、リボンの色など楽しく悩みながら作ります。主人や息子たちとお買い物に行くと、色々悩んでいると嫌な顔をされるのですが、ここでは先生も楽しんでくださるので、気兼ねなく悩んでいます (一般のお教室では、すでに教材としてお花のお色や素材は決まってしまっていることが多いようです。)
        ↓は今月の作品です。
IMG_1800_convert_20100513183752.jpg

IMG_1805_convert_20100513182759.jpg
 
 レッスン終了後は、出来上がった作品を見ながら、先生手作りのケーキと美味しいお紅茶をいただきながら、談笑です。今月は、バラの花が開花したので、年に1度の特別なレッスンです。
 先生はとても好奇心旺盛で楽しいことが大好きな方。何となく自分と同じにおいがするのか、妙に会話が弾み、ついつい長居をしてしまいます。(先生のご主人もランニングが趣味で、インドの一人旅がお好きだとお聞きしてから、妙に親しみを感んじてしまいました。)
 
 先日のEVバイクの試乗会でお会いした、バラのお茶会を開かれる昨日より今日のノリコさんは、とても素敵な方。きっと素敵なひとときを過ごすことができると思います。是非足を運んでみてはいかがでしょうか?
興味のある方は、ここをクリック



2010.05.16 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 医療観光
治療や健康診断のため、外国に出かけることです。海外では、医療費の安さや満足できる技術を求め、患者が抵抗感なく国境を越。日本でも、高水準の医療を売り物に外国人を誘致する取り組みが始まっています。
■がん手術、依頼はメール
「具合は良さそうですね」。今月中旬、東京都江東区の癌(がん)研有明病院の診察室で、比企直樹医師が米ロサンゼルスから来た女性患者(59)に英語で語りかけた。女性は2年前、同病院でおなかを大きく切らずに済む早期胃がんの腹腔(ふくくう)鏡下手術を受けた。この日は半年に1度の検診の日だった。
がんと分かった後、女性は体への負担が少ない手術方法を探した。インターネットで見つけた論文で比企医師を知り、メールで手術を依頼した。これまでの数度の来日で新宿、原宿を見て回り、伊勢丹で買い物をした。鎌倉も訪れたという。今回は同行した息子(36)も胃がんの検診を受けた。
150万円程度とみられる手術代は全額自費。毎回の検診時の渡航費用もかかる。だが、女性は「比企医師や看護師たちの対応もすごくいい。術後の経過も順調で、非常に満足だ」と話す。
有明病院では同じような患者が増えている。「医療観光」の患者は2008年度が9人だったのが、09年度には22人に。患者の国際化に対応するため、昨年11月に院内に「国際医療チーム」を立ち上げ、月1回の会合を開いている。外国人患者の受け入れや治療費支払いに関する基準作りなどにあたっている。
千葉県鴨川市の「亀田メディカルセンター」でも、海外からの患者が増加し、昨年は約50人にのぼった。海外からの問い合わせのメールは、ほぼ毎日5、6通届く。
出典:asahi.com

 

 このような、医療観光が注目を集め始めている中、通訳、旅行業界も動いています。 大阪市北区にある通訳者・翻訳者養成学校「インタースクール」でも昨年から、大阪や東京など全国5校で本格的な医療通訳の講座を始め、約80人が受講しています。今春からは中国語コースも設けられ、中国語を学んでいる私としても、非常に興味深い記事です。費用は、入学金を合わせ、¥30万円あれば受講できます。期間は1年間、週1回の全40回のコース。ただし、ある程度の中国語の能力は必要になります。(中国語検定2級程度、HSK8-9級程度)といこことなので、誰もがすぐに学べるという訳ではありませんが。ちなみに現状の2級は、私が学生の頃の準2級に相当しますが、現行の2級ははるかに難しくなっています。 

 さらに、旅行業界の日本旅行は、中国の富裕層向けに、全身を一度で診る陽電子放射断層撮影(PET)検診ツアーの販売を始めています。観光とセットで費用は100万円を超える金額にも関わらず、これまでに40名以上が参加しているとか。藤田観光も今春からPET検診ツアーの募集を始め、最大手のJTBも「医療観光」を専門に手がける部署を設立しています。  

 これらは、あくまで外国人富裕層向けのビジネスで、一般庶民には手が届かない世界です。ですが、先日私が体験しました遠隔医療相談無料モニターは、ある程度のパソコン環境と使いこなせる人が一家に一人いれば、可能です。使いこなすといっても、全く難しくは無く、誰でも簡単にできる程度です。そして、優秀な先生方による遠隔医療により、患者側にも日頃から毎日の健康に気をつける意識が芽生え、未病を心がけることができます。また、病気になったとしても早期発見、早期治療ができます。

 「秋月便り」を購読して、遠隔医療相談の無料モニターを体験してみませんか?
 または、CYBER CKINIC サイバークリニックの体験談を一度ご覧ください。


2010.05.09 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 iphoneを使い始めて、はや3ヶ月が経ちました。iPhoneで、skypeやGoogleTalk、ビデオチャット、youtubeへの動画公開など色々と試しました。先日、2度目のイベントに参加し、さらに長野の避暑地に行き、痛感したことがあります。
     
  1. ソフトバンクは、電波が悪すぎるということ(docomoやauは常に電波が届いていました)どうしようもありませんが、かなり致命的欠点です
  2. iPhone のfringでのビデオチャットは相手(PCに限る)の映像しか見ることができない。つまり、一方通行となり、こちらの画像は相手には送れない。

私が感じた大きな問題点は、これぐらいでしょうか。イベントの現地の電波状況が悪いのは想定外でした。すぐにその場で動画をyoutubeにアップできなかったのは、致命的です。こればかりは計算できないので、地元の方に事前チェックをお願いできたらとても助かりますね。とっても勝手なお願いでしょうが....。

fringの改善点に関しては、次世代iPhoneで解消されるようです。あとは、fringにこちらのステータスを選択できるようにできれば、なおいいです。これが意外と不便で、オンライン状態か、ログオフするしかないのです。取込み中が無いため、困ることがありました。

とはいえ、SIMロック解除ができれば、電波の問題も解消されるでしょう。待ち遠しい限りです。


SIMロックとは
携帯電話番号や契約内容を識別する情報が記録された小型ICカードをSIMカードといい、携帯電話はこれを差すことで通信できる。日本の携帯電話には、他の通信会社のSIMカードを差しても通信できない「SIMロック」がかけられ、特定の端末しか利用できない。複数の通信会社を自由に利用できる端末を「SIMフリー」という。


総務省は、携帯電話端末を通信契約した携帯電話会社経由でしか使えない「SIM(シム)ロック」の解除を携帯電話各社に求めていた問題で、NTTドコモなど大手4社は2日、原則解除することに合意しました。
今夏にも、利用者が端末と通信会社を自由に組み合わせる仕組みが整う予定です。
SIMロックが解除されるのは、今後発売される現行世代の携帯電話や、年末に発売される次世代携帯電話。契約から一定期間経過した場合、希望する利用者のロックを解除する。

 総務省は、携帯電話市場の競争を促し、サービス向上や端末メーカーの国際競争力強化を図るため、SIMロック解除を要請。当初は解除時期を次世代携帯電話からと想定していたが、ドコモなどが2日開かれた会合で、現行世代からの解除に前向きな姿勢を示したため、時期を前倒しすることになった。
出典:読売新聞より


2010.05.08 Sat l iPhone l コメント (0) トラックバック (1) l top
GWも終わり、やっといつもの生活に戻りました。EVイベントの後すぐに田舎の方(iphoneの電波の届かないところ)でしばしお休みしていたので、ようやく現実に戻った感じです。たった3日間でしたが、本当に不便でした。やはりMac連れて行けば良かった...かもです

5月1日に行われた電動バイクの試乗会ですが、佐賀に続いて2度目の参加ということでしたが、やはり始めての場所に行くのは、緊張します。結構時間厳守の性格なので、GWの渋滞やいろんなことを想定して計画しました。改めてiPhoneのアプリの便利さに助けられました。

以前のイベントでもEVバイク制作者の自由の代価さんとは面識があり、中国でかなり普及しているというEVバイクとはどんなものかとても興味があったのと、いろんな方と知り合えるチャンスですので、それも楽しみにして参加いたしました。

 自由の代価さんのお話によると、制作はとても簡単でだと言うことでしたが、何しろ私自身バイクに乗るのは、普通免許取得時の教習所で乗ったきり。試乗して壊してしまわないか心配でしたが、せっかくの機会ですので中国製のものと、制作されたものと両方試乗させていただきました。操縦方法から、乗り方まで細かく教えていただき、無事試乗できましたが、音がとても静かなのに驚きました。細かい構造についてはよく分かりませんでしたが、将来的にはトラックにまで適用できるとか。期待大です。




ホンダが発売する電動バイクは、販売予想価格¥50万円ほどだそうですが、家庭用には高すぎて、普及は難しそうです。それに1回の充電で30kmでは...。

とはいえ、電動バイクを実際試乗でき、とても貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。このようなすごい方たちと、知り合えたことにも感謝です。今回は女性の参加者の方もおられて、いろいろお話ができて良かったです。毎回イベントでは、本当に色々な好奇心が刺激されます。ただ家庭の事情により、かなり短時間の滞在でバタバタでしたが、参加してよかったです。動けるときに、時間を見つけて行動しておく。これは時間の制約のある私にとっては重要なことです。それでも、いくつになっても自分にできることを探し続けていきたいし、いろんなことに求道心を持ち続けていきたいなと思います。






2010.05.06 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。