上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 先月は、中国各地で大雨や雷雨が相続き、農作物や被害が拡大しているとのニュースが続いていましたが、日本でも先日から関東では、集中豪雨。昨日北京では40度超えの猛暑。とても異常です。体調を崩す人も増えています。私も子供たちが暑がりなので、連日クーラーをかけたまま一緒に寝てしまい、クーラーに弱い私は、やや風邪気味でした。それでも、体調の変化は、いち早く気づく事ができるようになりました。例えば、普段と比べて喉がやけに渇くとか、食欲がなぜか増すとか、肩や腰がいつもと違って微妙に痛いとかといった時は、病気の前兆です。遠隔医療相談を受け、また他の方々の体験談を聞き、より一層健康と未病に対する意識が高まったおかげだと思います。


Cyber Clinic

また、関川さんの「ごきげんいかか?」の「秋月」電脳医師である晴走雨読さんのインタビュー「国民健康保険が破綻した後の医療」は、とても興味深く、非常に勉強になります。

 今月1日から、私の住む市では「子供医療」というものが新たに追加発行され、小学校卒業まで、毎月1つの病院につき二回目までは診療自己負担額上限¥500で受診できる証明書です。3回目以降は無料で受診できます。今までは、ある一定の制限が設けられ、我が家も対象外となって久しかったのですが、嬉しいような、けれどこんな時勢にこんな優遇政策を拡充してしまっていいのだろうか?と不安にさえ思いました。(ちなみに、今までは3歳未満のみ全市民発行され、3歳以上未就学児童は所得により制限されていました。それが、いっきに所得制限撤廃の上に、年齢も小学卒業まで拡充したのです。)市の負担は、かなりのもののはず。

 もちろん、出費自体は減るのですが、そのつけが巡り巡って自分たちの返ってくるというのを忘れてはいけないと思いました。そして、以前から病院で「たいした事無いんだけど、どうせ無料だから診ておいてもらおうと思って。」と言ったような内容の会話を聞いたり、たいした鼻水でも咳でも何にもないのに、受診する親子をよく見かけ、とても不快に感じていました。何かあったらすぐ薬に頼ってしまい、免疫力も低下する上に、日々体を鍛え、健康でいようと努力をしなくなります。そして、これらが医療費増大の悪循環をまねくのです。(病院でおしゃべりしている老人も同じようなものですが)

 でも、私の周りには、すごいご老人もいます。伯母は80歳近くなのに、毎日スクワットをして、ハイヒールを履きこなし、スタイルも若い頃から変わらずにいますし、義母は75歳になりますが、万里の長城を若い人に混じって、登りきりました。日頃健康に気をつけ、歩いたりして健康を維持しています。その姿勢は、見習いたいものです。そして、私は自分の子供は、病気になっても、症状を見極め、薬のみに頼らないようにしています。できるだけ免疫力を高め、自分で健康管理をできるようになってもらいたいからです。(もちろん、自己判断できないときは、きちんと受診しますが)
 
 何でも、優遇すればいいというのではなく、患者側である私たちも、もう少し自分たちの健康に気を配り、日常努力できる事はするというように、教育すべきですし、意識をもたなくてはならないのではないでしょうか。



 7月11日(日曜)話題のラジオドラマ「原発震災」第2話が放送されます。
水素文明AudioBook


 

 

 
スポンサーサイト
2010.07.07 Wed l 遠隔医療 l コメント (2) トラックバック (1) l top
 7月4日(日曜日)から、シュミレーションドラマ「原発震災」が始まりました。第二話は、今週の日曜日です。第二話予告編はこちら↓です。


 
 私の住んでいる近辺には原子力発電所が無いので、今まで、放射能だとか危険性だとか全く無関心で、他人事でした。(恥ずかしい話、日本のどこにあるのかも曖昧でした)けれど、色んな人との出会いの中で、今まで知らなかった(知ろうとしなかった)ことを知り、日々勉強です。特に、Age Messeさんのコラム「原発は子供にとって害以外の何物でもない」は、子供たちの体への影響を分かりやすく書かれています。是非、お子さんを持つ方には、読んでいただきたいです。
 
 また今回は、色々なつながりから、なぜかアナウンサーや主人公マナブの彼女のサクヤ役までさせていただく事となり、面白いような、不思議な縁だな~と思いながら、日々学ぶべき事の多さを感じています。(それでも、自分の声を聞くのは、かなり恥ずかしいですが...)

 さて、その他にもこの約半年間の人との出会いと縁によって、色々な事が変わりました。まさか自分がMacやiPhoneを使い、ブログやMT5、iChatしたり、ましてや声優のような事まで(笑)。でも、普段私は普通の専業主婦です。大学卒業後、金融機関で少し働いた程度で、特別高学歴でもありません。毎日、相変わらず育児と、習い事などをして、毎日過ごしています。ただ、これに夜の「秋月」が加わっただけです。本当に人生とは、何処でどう変わるのか分からないものです。予想できないのから、面白いのかもしれません。この年齢で、このようにもう一度学ぶ事ができる機会に巡り会えるとは正直思っていませんでした。これも、私の運の強さかもしれません(笑)

 自分の欠点は、だいたい分かっているつもりです。(致命的な欠点も含め)でも、長所は自分で思っていることと、他人から言われる事が違う事が、多々あります。自分を知るというのも、また難しいことです。
 適応能力は、男性よりも女性、大人よりも子供が高いと言われていますが、この点においても、女性という事でラッキ-でが、私の場合は、中国で鍛えられたのかもしれません。(あとは、育児の中で子供から学んだのかもしれません。)だから、働かない引きこもりの人やニートのような人は、中国のような環境にいると、自然と能動的になれるのかもしれません。私も長年、特に不自由無く日本で受動的な生活をしていると、中国での自分とは別人のように感じます。

 それでも、以前から漠然とではありますが、近い将来「何かをしなくてはならない時」又は、「人生にもう一度くらいは真剣に何かをしようと思う時」が来るだろうとは、感じていましたが、今が正に其の時なのかもしれません。

水素文明AudioBook

Cyber Clinic



scholarship.gif



 

 
 
2010.07.05 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 7月1日より、日本に観光でやってくる中国人を受け入れる条件が、大幅に緩和されました。これにより、今後一層、裕福な中国人観光客は増え続けるでしょう。

2010年6月29日、米紙ワシントン・ポストは「中国人観光客が日本に押し寄せ、疲弊した日本経済を奮い立たせる」と題した記事を掲載した。7月2日付で環球時報が伝えた。以下はその内容。

東京の賑やかな商店街で、36歳の中国人観光客がまるでお土産用のチョコレートでも買うかのように腕時計4本、計4500ドル(約40万円)をキャッシュでポンと買っていた。上海から来たこの観光客は日本滞在中、神社・仏閣にも行かず、妻とひたすら買い物に明け暮れている。「私たちは買い物しに来たんです。観光ではありません」と話した。

日本政府観光局の統計によると、昨年の訪日中国人観光客は48万1696人で、2007年と比べ20%増加した。中国人の旺盛な購買意欲は日本の小売業者にとってまさに救世主だ。秋葉原の電器店の店員は「中国人のように羽振りの良い外国人は今まで見たことがない」と話した。北京から来た31歳の女性はデジカメを4台、6300ドル(約55万円)で買っていた。中国でも同じものは売っているが、「ニセモノかも知れないから日本で買いたい」と言った。こちらもやはり日本滞在中は買い物三昧だそうだ。

高級ブランド店が並ぶ銀座も中国人観光客の人気スポット。銀座で買い物をすることは彼らにとって自尊心を満足させるステータスになっているようだ。(翻訳・編集/NN)


 このように、中国人は日本の製品や販売に対して、信頼感が強い事が伺えます。また、日本製というものが、一種のブランドとして、彼女たちの間で確立されているようにも感じます。日本人の女性が、ヨーロッパやハワイなど海外でブランド品を買ったり、気軽に韓国やバリなどにエステに出かけたりするのと同じ感覚でしょう。(とはいってもステータスは中国人の方が何倍も上ですが)

 ここで、注目されるのは、やはり女性です。日本でも女性の方がお金を持っているといわれていますが、中国でもお財布は女性が握っているようです。そうなると、女性向けのサービスにビジネスチャンスが広がるのも理解できます。
 
 この他にも、日本は環境も、治安も、食べ物も良く、さらに大陸から近くて旅費もやすいので、益々人気がでると思います。大陸とは違い、水も食事も安心して口にできます。更に、観光地もたくさんあり、北海道から沖縄まで様々なスポーツもできます。日本には四季があるので、その分何度来ても違った楽しみが味わえる。そして、なにより接客やマナーも良く、行き届いている。
 ちなみに、日本女性は中国男性に非常にもてるそうです。最近実感しました。というのも、中国の女性は、損得勘定がはっきりしており、気が強いので大和撫子といわれる日本人女性に、とても幻想を抱いているようです。声の調子、表情、穏やかで癒されるとか...?  確かに、そういう傾向はありますが、だからといってすべての日本人女性が、優しいかといえばそういう訳でもない。確かに、口調は穏やかに感じるとは思いますが。

 中国でも、日本人同様、結婚できない男性(収入が女性より低くなり、離婚をされるケース)が増えているそうです。その辺に関しては、日本より中国の方が、シビアだと思います。貧富の格差もさることながら、男性の格差もとてつもなく大きく広がっています。となると、我が息子たちの時代には、どうなっている事やら もてる男性に育つよう、祈るのみです。

 
 
2010.07.03 Sat l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。