FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
、「中国の食用油、1割が有害…廃油再利用で発がん性」怖すぎる中国の外食事情=ヒ素より百倍毒性の「地溝油」、「誰もが口にしているはず」最近、こんな衝撃的な記事が。

 また中国ですか~・・・と思いましたが(こういった事に慣れてしまっている自分が怖いです)、日本でもここ数年、「ダンボール入り肉まん事件 」、「中国冷凍餃子の中毒事件」、「ミルク事件」が記憶に残っています。表向きは解決したようでも、根本的な解決には至っていません。北京オリンピックや上海万博といった国家をあげた事業の前には何かしら、問題が表ざたに。そしていつの間にか、うやむやに。

 中国の富裕層は、国内産の野菜や食品を一切買わずに、値段がとても高い日本産等の外国産のものを買うそうです。
都市の一般市民は、野菜を食べる前には必ず農薬除去の薬で洗浄してから食べるといいます。

 昨年は、留学して以来、久しぶりに中国旅行に行き、いろんなお店で食事をしましたが、店が悪かったのか、ホテルの朝食以外はあまりおいしくありませんでした。ただ、オリンピックの後のせいか、露店も、文化大革命の後も、物乞いをする子供や老人も一切見かけませんでした。トイレもキレイでした。当然ながら、おなかをこわすこともありませんでした。高速道路もでき、高級ブランド店、10年前の面影は一切無く、自転車に代わって、バイクと車が主流になっていました。

飲茶


北京ダック




 自分たちの国民や将来を担う子供たちを犠牲にして得られる利益とは、何なのでしょうか?中国は私にとっては、大好きな国。特に中国語や文化、書、遺跡など興味深いものは多々あります。ただ、自分たちの利益の為なら、何でもする国であるのも事実です。

 旅行でも、ぼ~っとしてたら、日本人なんて中国ではあっという間にお金をぼったくられます。初めて中国での私の姿をみた家族は、今まで以上にたくましさを感じたそうです。(若干引いていたようにも感じましたが)私にしつこく食い下がる中国人の根性に、かなり感服していたようですが・・・。

 今年は、上海万博開催の年。是非行ってみたいと思っていましたが、GW中、又はその前に世界で何かが起こりそうな予感。(あくまでも私の勝手な予感ですが)今回は行くのはよそうかと思います。いくら建物や都市の一部が近代化したように見えても、体質は変わっていませんし、食べ物も怖いので。ちなみに、中国旅行で一番おいしかったのは何か?という子供たちの答えは、「ケンタッキーのフライドチキン!!」でした

 中国の場合は極端にひどすぎますが、日本でも産地偽造や一般の私たち消費者には知らされていないことがたくさんありそうです。これからの新しい世界、安心・信頼できる食料の確保を考えていかなくてはいけないと痛感しました。

 少しでも、今の食生活や教育環境に疑問があったり、真実が知りたいと思った方は、まずは「水素革命近未来!」又は「秋月便り」を購読してみてください。何か感じるものがあるはずです。


 余談ですが、最近宴会等が続き、不摂生な生活だったので、ダイエットも兼ねて早朝から1時間ほど走ってきました。ペースを7分に落とし、長く走るようにしています。公園の桜もちらほら咲き始め、ハナミズキもきれいでした。朝から走ると、気持ちいいですよ。










スポンサーサイト
2010.03.22 Mon l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://heneiyouri0818.blog107.fc2.com/tb.php/13-a9192397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。