FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 先月末、遠隔医療相談のモニターに応募し、体験させていただきました。ちょうど新しくMacを購入したばかりで、操作もいまいちあやふやな中、GoogleTalkのビデオチャットと文字チャットの併用で行いました。初めてのことばかりで、少し緊張しましたが、事前に段取りの方を丁寧に教えていただいていましたので、特に問題も無く相談することができました。

 私が今回モニターに申し込んだ理由は、これから利用することになるかもしれないと思ったからです。常日頃、家族の健康を管理している者としては、私自身が体験するのが一番適任だとも思いました。そんな中、歯科医の先生のコラムを拝見し、今までの子供たちの歯科検診や治療についてとても疑問を感じ、そういったことについて、是非相談したいと思いましたので、とても助かりました。

 相談当日は、前もって心配していた息子の歯の写真をデジカメで撮影し、パソコンで画像を送っておいたものを診ていただいていましたので、すぐにお話が始まり、子供の普段の食生活や食事の時間、歯磨きについてなどの問診の後、日常生活における予防方法など詳しく教えていただきました。いつもの歯医者さんでは、親は診察室に入ることができないので、ゆっくりと質問したり、予防についてお話してもらうことはなかったので、とてもよかったです。勉強になりました。そのあと、食後の重曹うがいと、朝晩の歯磨き、フロス、仕上げ歯磨き、間食の時間などを気をつけて実行し、再度1ヶ月後に経過を見ていただくことになりました。

 今までなら、車での行き帰りの時間と待ち時間など合わせて1時間以上はかかっていましたが、これなら30分もあれば終わります。事前の準備は必要ですが、2人以上子供のいる家庭や、自分の体調が優れないときでも、遠隔医療ならば問題なく診ていたでけます。実際に、すぐ近くに両親もおらず、主人は帰りも深夜になることが多く、息子たちや私自身が病気になった時は、とても辛かった経験がありますし、また同じように大変な思いをしているお母さん友達もたくさんいましたので、そんな子育て世代のお母さんに利用していただけると、とてもうれしいです。(幸い、私はご近所のお友達などとお互い助け合いながら、何とか頑張れましたが)

 また、夜遅くの開始でしたが、事前に息子に「Macを使ってあなたの歯の相談をするのよ」と話していたので、好奇心には勝てなかったのか、「僕も見たい!」と言って、がんばって起きて、恥ずかしそうに先生にご挨拶をしておりました。このように、映像を通して対面ですので、電話だけの音声の相談と違い、安心感があると感じました。子供にとっても、驚きの経験となり、私にとっても良い経験となりました。ただ、これが始まりであって、正しい習慣を身につけ、予防していくことが大切だとも思いましたので、これをきっかけに予防に努めていきたいと思います。先生、ありがとうございました。

 最後に、改善点としまして、実際の病院でも感じたことですが、先生に右の何番目の歯が....とか言葉で説明をされても、すぐにピンとこなくて、どこの歯なのか分からないというのが正直なところで、専門用語は素人には分かりずらいので、テキストでも画像でも良いので、それを見ながら説明を受けられると分かりやすいと思いました。

 
 
スポンサーサイト
2010.05.27 Thu l 遠隔医療 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://heneiyouri0818.blog107.fc2.com/tb.php/25-1df86019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。