上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 iphoneを使い始めて、はや3ヶ月が経ちました。iPhoneで、skypeやGoogleTalk、ビデオチャット、youtubeへの動画公開など色々と試しました。先日、2度目のイベントに参加し、さらに長野の避暑地に行き、痛感したことがあります。
     
  1. ソフトバンクは、電波が悪すぎるということ(docomoやauは常に電波が届いていました)どうしようもありませんが、かなり致命的欠点です
  2. iPhone のfringでのビデオチャットは相手(PCに限る)の映像しか見ることができない。つまり、一方通行となり、こちらの画像は相手には送れない。

私が感じた大きな問題点は、これぐらいでしょうか。イベントの現地の電波状況が悪いのは想定外でした。すぐにその場で動画をyoutubeにアップできなかったのは、致命的です。こればかりは計算できないので、地元の方に事前チェックをお願いできたらとても助かりますね。とっても勝手なお願いでしょうが....。

fringの改善点に関しては、次世代iPhoneで解消されるようです。あとは、fringにこちらのステータスを選択できるようにできれば、なおいいです。これが意外と不便で、オンライン状態か、ログオフするしかないのです。取込み中が無いため、困ることがありました。

とはいえ、SIMロック解除ができれば、電波の問題も解消されるでしょう。待ち遠しい限りです。


SIMロックとは
携帯電話番号や契約内容を識別する情報が記録された小型ICカードをSIMカードといい、携帯電話はこれを差すことで通信できる。日本の携帯電話には、他の通信会社のSIMカードを差しても通信できない「SIMロック」がかけられ、特定の端末しか利用できない。複数の通信会社を自由に利用できる端末を「SIMフリー」という。


総務省は、携帯電話端末を通信契約した携帯電話会社経由でしか使えない「SIM(シム)ロック」の解除を携帯電話各社に求めていた問題で、NTTドコモなど大手4社は2日、原則解除することに合意しました。
今夏にも、利用者が端末と通信会社を自由に組み合わせる仕組みが整う予定です。
SIMロックが解除されるのは、今後発売される現行世代の携帯電話や、年末に発売される次世代携帯電話。契約から一定期間経過した場合、希望する利用者のロックを解除する。

 総務省は、携帯電話市場の競争を促し、サービス向上や端末メーカーの国際競争力強化を図るため、SIMロック解除を要請。当初は解除時期を次世代携帯電話からと想定していたが、ドコモなどが2日開かれた会合で、現行世代からの解除に前向きな姿勢を示したため、時期を前倒しすることになった。
出典:読売新聞より


スポンサーサイト
2010.05.08 Sat l iPhone l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://heneiyouri0818.blog107.fc2.com/tb.php/28-27e68821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
パワーサポート アンチグレアフィルムセット for iPhone 3G PPC-...
2010.05.15 Sat l これ欲しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。