FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 今年3月頃に初めてskypeを使うようになってから、skypeで語学学習ができることを知り、機会があれば是非やってみたいと思っていました。今まで、必要なことにしかパソコンをさわったことが無く、skype自体全く知りませんでした。それに不安だったのは、相手が中国人のため微妙に疑問が残るのでしたが、とりあえず、何でもものは試しなので、始めてみることにしました。

skypeをダウンロードして、アカウントを取れば、誰にでもすぐに始められます。次に、教室を検索します。中国語もたくさんありましたが、英語はもっとたくさんありました。時間や料金やサポートなどをチェックして、自分に合っている所を探します。私の場合は、専業主婦で子供もいるので、一人の時間に勉強しないと集中できないので、そういったことを考慮して選びました。中国では専業主婦は少なく、私はとても羨ましい存在だそうです。でも、私にとっては、独身や仕事をしている知人や友人とは時間がなかなか合わず、残念に思うことが多いのですが。それにしても、ネットでの語学学習の料金は安いですね。驚きました。通学よりも安くて便利。現在、通学で通っている先生も良いのですが、何しろ時間がなくて、回数は限られます。話す機会を増やすという意味では、skype学習が最適だと感じました。

 私が選んだところの授業開始手順としては
  1.  体験レッスンの予約をする
  2.  あらかじめ、自分のレベル(検定の級など学習経験など)と今後の目標を伝えておく(例えば翻訳がしたい、検定○級を目指しているなど)
あとは、レッスンの様子から私に合うレベルに合わせて授業を進めてくださるとのこと。

 中国語では、発音やアクセントが聞き取りにくいことが多いので、そういった時はテキストチャットを併用するので、問題はありませんでした。Mac使用ですので、普通のイヤホンとマイクで音声は十分でした。(前にwindowsやiPhoneを使用した時は、聞き取りにくかったのですが...) 意外にも面白かったです。それに、集中力も高まります。心配していた先生の質ですが、普通語(中国の標準語)の発音もきれいで聞き取りやすかったです。もちろん日本語もしゃべれるので、フォローもばっちりでした。

 ここまで便利だと、いくつになっても勉強できますね。初めはチャットやskypeも慣れるまでは違和感がありましたが、慣れてしまうかなり便利です。中国語に熟能生巧(shu2neng2sheng1qiao3)という言葉があります。「習うより慣れろ」という意味ですが、まさにその通りです。語学学習も環境要因が大きいと思います。使う機会が多いほど、上達も早いです。

 ちなみに、中国語とはおおまかに分けて、北京語と上海語、広東語とがあります。(実際はもっとたくさん方言があります)中国大陸で標準語として話されているのが、普通語といわれる言葉です。日本でも大学で一般に学ぶのは、この普通語です。広東語や上海語では漢字をみると意味はだいたい理解できますが、聞くと違う言語にしか聞こえないくらい違います。私が勉強しているのは、標準語の普通語です。それにしてもMacは中国語入力が簡単に設定でき、非常に使いやすいので、感動です!Macは音声の良さといい、語学学習に向いていますね。子供たちの英語学習にも役立ちそうです。

 

 

スポンサーサイト
2010.06.01 Tue l 中国語 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://heneiyouri0818.blog107.fc2.com/tb.php/41-79fae4cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。