上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 7月4日(日曜日)から、シュミレーションドラマ「原発震災」が始まりました。第二話は、今週の日曜日です。第二話予告編はこちら↓です。


 
 私の住んでいる近辺には原子力発電所が無いので、今まで、放射能だとか危険性だとか全く無関心で、他人事でした。(恥ずかしい話、日本のどこにあるのかも曖昧でした)けれど、色んな人との出会いの中で、今まで知らなかった(知ろうとしなかった)ことを知り、日々勉強です。特に、Age Messeさんのコラム「原発は子供にとって害以外の何物でもない」は、子供たちの体への影響を分かりやすく書かれています。是非、お子さんを持つ方には、読んでいただきたいです。
 
 また今回は、色々なつながりから、なぜかアナウンサーや主人公マナブの彼女のサクヤ役までさせていただく事となり、面白いような、不思議な縁だな~と思いながら、日々学ぶべき事の多さを感じています。(それでも、自分の声を聞くのは、かなり恥ずかしいですが...)

 さて、その他にもこの約半年間の人との出会いと縁によって、色々な事が変わりました。まさか自分がMacやiPhoneを使い、ブログやMT5、iChatしたり、ましてや声優のような事まで(笑)。でも、普段私は普通の専業主婦です。大学卒業後、金融機関で少し働いた程度で、特別高学歴でもありません。毎日、相変わらず育児と、習い事などをして、毎日過ごしています。ただ、これに夜の「秋月」が加わっただけです。本当に人生とは、何処でどう変わるのか分からないものです。予想できないのから、面白いのかもしれません。この年齢で、このようにもう一度学ぶ事ができる機会に巡り会えるとは正直思っていませんでした。これも、私の運の強さかもしれません(笑)

 自分の欠点は、だいたい分かっているつもりです。(致命的な欠点も含め)でも、長所は自分で思っていることと、他人から言われる事が違う事が、多々あります。自分を知るというのも、また難しいことです。
 適応能力は、男性よりも女性、大人よりも子供が高いと言われていますが、この点においても、女性という事でラッキ-でが、私の場合は、中国で鍛えられたのかもしれません。(あとは、育児の中で子供から学んだのかもしれません。)だから、働かない引きこもりの人やニートのような人は、中国のような環境にいると、自然と能動的になれるのかもしれません。私も長年、特に不自由無く日本で受動的な生活をしていると、中国での自分とは別人のように感じます。

 それでも、以前から漠然とではありますが、近い将来「何かをしなくてはならない時」又は、「人生にもう一度くらいは真剣に何かをしようと思う時」が来るだろうとは、感じていましたが、今が正に其の時なのかもしれません。

水素文明AudioBook

Cyber Clinic



scholarship.gif



 

 
 
スポンサーサイト
2010.07.05 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://heneiyouri0818.blog107.fc2.com/tb.php/65-344bce50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人の承認後に表示されます
2012.11.22 Thu l
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。