上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 先月は、中国各地で大雨や雷雨が相続き、農作物や被害が拡大しているとのニュースが続いていましたが、日本でも先日から関東では、集中豪雨。昨日北京では40度超えの猛暑。とても異常です。体調を崩す人も増えています。私も子供たちが暑がりなので、連日クーラーをかけたまま一緒に寝てしまい、クーラーに弱い私は、やや風邪気味でした。それでも、体調の変化は、いち早く気づく事ができるようになりました。例えば、普段と比べて喉がやけに渇くとか、食欲がなぜか増すとか、肩や腰がいつもと違って微妙に痛いとかといった時は、病気の前兆です。遠隔医療相談を受け、また他の方々の体験談を聞き、より一層健康と未病に対する意識が高まったおかげだと思います。


Cyber Clinic

また、関川さんの「ごきげんいかか?」の「秋月」電脳医師である晴走雨読さんのインタビュー「国民健康保険が破綻した後の医療」は、とても興味深く、非常に勉強になります。

 今月1日から、私の住む市では「子供医療」というものが新たに追加発行され、小学校卒業まで、毎月1つの病院につき二回目までは診療自己負担額上限¥500で受診できる証明書です。3回目以降は無料で受診できます。今までは、ある一定の制限が設けられ、我が家も対象外となって久しかったのですが、嬉しいような、けれどこんな時勢にこんな優遇政策を拡充してしまっていいのだろうか?と不安にさえ思いました。(ちなみに、今までは3歳未満のみ全市民発行され、3歳以上未就学児童は所得により制限されていました。それが、いっきに所得制限撤廃の上に、年齢も小学卒業まで拡充したのです。)市の負担は、かなりのもののはず。

 もちろん、出費自体は減るのですが、そのつけが巡り巡って自分たちの返ってくるというのを忘れてはいけないと思いました。そして、以前から病院で「たいした事無いんだけど、どうせ無料だから診ておいてもらおうと思って。」と言ったような内容の会話を聞いたり、たいした鼻水でも咳でも何にもないのに、受診する親子をよく見かけ、とても不快に感じていました。何かあったらすぐ薬に頼ってしまい、免疫力も低下する上に、日々体を鍛え、健康でいようと努力をしなくなります。そして、これらが医療費増大の悪循環をまねくのです。(病院でおしゃべりしている老人も同じようなものですが)

 でも、私の周りには、すごいご老人もいます。伯母は80歳近くなのに、毎日スクワットをして、ハイヒールを履きこなし、スタイルも若い頃から変わらずにいますし、義母は75歳になりますが、万里の長城を若い人に混じって、登りきりました。日頃健康に気をつけ、歩いたりして健康を維持しています。その姿勢は、見習いたいものです。そして、私は自分の子供は、病気になっても、症状を見極め、薬のみに頼らないようにしています。できるだけ免疫力を高め、自分で健康管理をできるようになってもらいたいからです。(もちろん、自己判断できないときは、きちんと受診しますが)
 
 何でも、優遇すればいいというのではなく、患者側である私たちも、もう少し自分たちの健康に気を配り、日常努力できる事はするというように、教育すべきですし、意識をもたなくてはならないのではないでしょうか。



 7月11日(日曜)話題のラジオドラマ「原発震災」第2話が放送されます。
水素文明AudioBook


 

 

 
スポンサーサイト
2010.07.07 Wed l 遠隔医療 l コメント (2) トラックバック (1) l top

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011.12.06 Tue l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.10.18 Thu l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://heneiyouri0818.blog107.fc2.com/tb.php/67-11ab3137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人の承認後に表示されます
2012.11.22 Thu l
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。